不動産鑑定評価の今日的課題 ~ Vol.3
2024.05.31
VOL.03 鑑定評価における技術とは何か

 鑑定評価において必要な技術とは、一体どういうものなのであろうか。
 鑑定評価に必要なのは判断力であり技術は必要はないのであろうか。
 それともある程度の技術がなければ判断力は十全のものにならないのであろうか。
 
 ここで鑑定評価に必要な技術とは一体何なのか考えてみたい。

 鑑定評価は建築・土木・測量・化学・農業・林業等に関する技術的な知識の他に、法律解釈・判断という法技術的な側面、更には経済分析・市場分析等という経済分野に関する分析技術能力も必要とされる。

 ところが、試験科目はこれらの技術的能力や分析能力を問う構成にはなっていない。
 また、鑑定評価基準は般若心経の如く、いくら読んでもこれだけでは実際の鑑定評価はできない。

 つまり、基準はあくまでも考え方の基本理念を示したもので、実際の作業に即使用可能なマニュアルとはなっていない。

 したがって、各分野の専門的なことは机上で考えるだけである。

 一般的な特に文科系出身の不動産鑑定士には実際に設計したり測量したりする能力も経験もない。
 また、数学・統計学等を駆使して市場分析や経済分析する能力もない。
 但し、ごく一部ではあるが、これらの技術・能力を備えている人も見受けられるが、普通の鑑定事務所でこれらの技術的能力を身につけることは不可能に近い。
 私に出来ることはせいぜい講釈を垂れるだけで、実務能力はない。

 したがって、表面的には先生といって立ててくれるが、陰ではバカにされるだけである。
 まァ、時給千円から二千円程度にしかならない簡易鑑定ばかりやっている状態では、無理からぬことではある。

 社会は冷徹なもので、不動産鑑定士の評価は鑑定報酬に具体的に表われている。
 日雇い人夫並み、いやそれ以下の報酬で働かされている不動産鑑定士の技術・能力は無きに等しく、評価に値しないということであろうか。

 話はそれてしまったが、個人的には評価に必要な技術というものを明確に意識したことはなく、また、これらについて実地に訓練されたこともない。

2024.05.31 13:01 | 固定リンク | 鑑定雑感

- CafeLog -